News
脚にクリームを塗っている女性

水虫は、カビの一種である白癬菌が皮膚の角質層に寄生する事により発症する感染症であり、白癬菌感染者の約80%~約90%が足に症状が発症し苦しんでいます。
白癬菌は、温度が25℃以上~30℃以下で湿度が90%以上の環境を好み急激に繁殖する為、ジメジメとした梅雨時から暑い夏の時期に水虫の症状があらわれるケースが多くなっています。
現在では、女性の社会進出に伴い長時間にわたり、ビシネスシューズやブーツを履く人が増加し、中年男性よりも20歳代の女性の方が白癬菌の保菌率が高くなっています。
白癬菌は、顔や頭、手など体の至る所に寄生し、髪や爪、角質などに含まれるケラチンと呼ばれる硬いタンパク質を栄養としています。
白癬菌は、人間に寄生する時や栄養素を得る時などに、酵素ケラチナーゼの作用によりケラチンを分解する際に炎症性のサイトカインが生成され、生成されたサイトカインが水虫独特の痒みを引き起こします。
人間の表皮には、角質層や顆粒層、有棘層、基底層とありますが、白癬菌は角質層よりも深層部に寄生する事は無いとされています。
水虫には、角質層でも柔らかい足の指の間に症状があらわれる趾間型や足の裏の側辺部に小さな水疱が出来る小水疱型、趾間型や小水疱型を放置したり、長年にわたり再発を繰り返す事で硬い踵に症状があらわれる角質増殖型があります。
又、角質増殖型を放置したり、長く患うと足爪白癬を発症するケースが多々あります。
一般的に水虫は、患部が爛れていたり、強い痒みや痛みを伴うイメージがありますが、角質増殖型は冬の乾燥した時期に活動が活発化します。
角質増殖型の患部は、ひび割れるほど乾燥している為に、乾燥による肌ダメージや加齢によるスキントラブルと勘違いしてしまい、感染に気付かないケースが多くあります。

記事一覧

ラミシールは、アリルアミン系の抗真菌薬テルビナフィンを有効成分とする医薬品であり、真菌細胞内への非常...

アロエクリームというのは、主婦などが洗いものなどで、水を多く使った後、手が荒れるのを防ぐために使った...

水虫、一度かかってしまうとなかなか症状が改善されず、厄介な病気です。 水虫にも足になる場合や、爪に感...

夏になると足の裏に水ぶくれができるという方がいます。 その水ぶくれ、もしかしたら水虫かもしれません。...

水虫は白癬菌と呼ばれるカビの仲間が皮膚に寄生すると起こる感染症で、症状の進行具合や感染部位によって違...

水虫に悩んでいる人はたくさんいますが、多くの人が、今やっている治療法をブログに記しています。 ブログ...

水虫は真菌というカビの一種が、角質層に感染する事で起こる皮膚感染症の1つです。 足の指と指の間がジュ...

サラリーマン必見の情報があります。 その情報とは「水虫情報」です。 水虫は男性だけでなく、もちろん女...

症状が酷く無い水虫で範囲も狭い場合には、病院に行かなくても十分に市販薬で治すことができます。 一般に...

水虫は白癬菌というカビの仲間が、感染して起こる皮膚感染症の1つです。 顔か手にも白癬菌は感染するケー...