サラリーマンは必見!~水虫情報~

きれいな脚

サラリーマン必見の情報があります。
その情報とは「水虫情報」です。
水虫は男性だけでなく、もちろん女性も発症しますが、やはりサラリーマンに多いと言われています。

そもそも、水虫はなぜ起こるのでしょう?
水虫の原因となるのは、白癬菌というカビの1種です。
白癬菌が皮膚の角質層に感染する事によって、水虫を発症します。

白癬菌は温度と湿度が高い場所を好む性質があり、靴を長くはいているサラリーマンは足が蒸れやすい為、白癬菌に感染しやすいのです。

水虫を発症すると足の指と指の間が、ジュクジュクしたり皮剥けを起こす、強い痒みを感じるといった症状をイメージしますが、実はこれら以外の症状を感じるケースもあります。

指と指の間に症状を感じるタイプは、趾間型と言われるものです。
皮膚に症状が出るだけでなく、足の臭いがきつくなる傾向にもあります。

土踏まずや足の側面に赤い水疱ができ、猛烈に痒みを感じる場合は小水疱型を発症している恐れがあります。

これらのタイプが痒みを感じる点が特徴ですが、中には全く痒みの無いタイプもあるので注意しましょう。
角質増殖型はかかと部分に、白癬菌が感染する事で起こるタイプです。
角質が厚くなり、ひび割れを起こします。
痒みは無いので乾燥や、あかぎれと勘違いされてしまいがちです。

この他に痒みの出ないタイプとしては、爪水虫が挙げられます。
爪に白癬菌が感染した場合、爪が白く濁ったりポロポロと剥がれ落ちるといった症状を起こす点が特徴です。

このように皮膚に白癬菌がうつると、様々な症状を発生させます。
白癬菌は自然にいなくなるという事は無いので、何らかの症状を感じたら早めに専門医を受診して、白癬菌に感染していないか検査を受けましょう。