水虫が移らないようにするためには

手で足裏を触る女性

水虫は白癬菌というカビの仲間が、感染して起こる皮膚感染症の1つです。
顔か手にも白癬菌は感染するケースもありますが、多くは足にうつります。
指と指の間がジュクジュクとなる、足の裏に水疱や皮膚がめくれるといった症状、また足の臭いが強くなるといった症状を引き起こすのが特徴です。
この他にも高齢者に多いのが、かかと部分に白癬菌が感染し角質層が厚くなるタイプや、爪水虫です。
これらのタイプは自覚症状が無い為、水虫と気づかず放置してしまうケースが多いと言われています。
もし、このような症状を感じたら、すぐに専門医を受診しましょう。
なぜなら白癬菌は他人にうつしてしまう菌だからです。
家族と一緒に生活しているという場合、特に感染率が上がります。
ですので家族を水虫にしない為にも、早めに治療をする必要があるのです。
ただし、改善するまでに数か月から1年程度、かかるケースもあるようです。
この間は水虫が移らないように、注意する必要があります。
足の裏が水虫となっている場合、角質が剥がれた中に白癬菌が多く含まれています。
ですので、お風呂マットやスリッパを共用する事は避けましょう。
カーペットにも角質が付着している恐れが高いので、掃除機などで丁寧に掃除します。
ただ、お風呂のお湯を変えたり、洗濯を別々にする必要はありません。
白癬菌は高温に弱い菌ですので、お風呂のお湯では死滅してしまいます。
また、洗濯も洗剤を使ったり、水で洗い流すので、ほとんど白癬菌はついていません。
必要以上に恐れる必要はありませんが、感染を予防する為に毎日石鹸で、しっかり足の裏や指の間を洗うというケアは欠かせません。
予防を十分に行っている間に、治療をして水虫を退治しましょう。

サイト内検索
人気記事一覧