水虫に対してのおすすめの治療薬

両手で脚を握る女性

症状が酷く無い水虫で範囲も狭い場合には、病院に行かなくても十分に市販薬で治すことができます。
一般に販売している薬でも強い殺菌力を持つ外用薬が増えていて、正しく使っていくことが大切です。
アルコールや麻酔薬が含まれているものも多いため、肌が弱い人やアルコールアレルギーの人は使用に注意が必要になります。
水虫の原因菌である白癬菌などはカビの一種ですが、青カビなどと違って目に見えるものでは無く、いつの間にか感染し症状があらわれてから気づくものですから、気づいたときには肌の奥深くにまで入り込んでいる状態です。
治療を怠ってしまうと広い範囲が侵されてしまい、外用薬だけでは中々完治を目指せない場合があります。
ひどい状態の時には、皮膚科などにおいて内服薬も処方して貰い、外用薬と併用して行くことで悪化させずに済みます。
家族にもうつしてしまっている可能性があるので、一人患者が発生したらこれまでよりもより清潔な環境に注意し、症状が出たら早期に対応して行きます。
タオルを使いまわしたり同じスリッパをはいたりしないように心がけ、一緒に使うものは除菌スプレーなどを利用して見るのも良いです。
外用薬には、軟膏やクリームタイプと液状のものがあります。
爪水虫で、爪がボロボロになるほど悪化している人は、薬を塗る際に直接患部に触ると、指などに知らずに移ることもあるので、ハケが付属している液状タイプを使った方が安心です。
内服薬のイトラコナゾールや塩酸テルビナフィンなどは、服用を続けるときに血液検査を定期的に受けて、副作用が出ていないか調べる必要がある薬です。
肝臓に影響が出てしまったり、薬の影響が強く出すぎてしまう場合もあるためです。
併用することができないと明記されている薬は、サプリメントや漢方との併用も注意しましょう。

サイト内検索
人気記事一覧